おおきななみ
誰かの一生を鮮やかに感じとり、それが自分とつながる心地よさ

バーバラ・クーニーさく かけがわやすこやく

住んでいる家は、その人の日常を写し出すものだと、思っている。
窓がどのくらいあるか、とか、庭の広さ、屋根の形、特に玄関のディテール。
だから、まず、家から説明しているこの絵本は、私を心地よくハティーの人生へと誘ってくれる。
そして、家族の紹介へと続くのだけれど、そのページの片隅で、
階段を上がっていく娘が気になる。
その視線から、どうしたってこの子がキーパーソンであることを感じずにいられない。
この娘のことを知りたくて、何度も読み返してしまう。
でも、どこにも説明はなくて、しかたなくページを繰り、料理人の小さな娘だと知る。
もし、この「ちびネズミ」へのハティーの共感が描かれていなければ、
この話は、どこかのお金持ちのお嬢さんのお話、ということになるのだろうけれど、
「ちびネズミ」(あだなでしかよばれていない)が効いて、近づくことができる。

誰しも成長し、人生を切り拓くときがくる。
そういう流れ、あるいは自分の人生そのもの、を、
この絵本のように、少し静かにみることができたら、
夢にまっすぐに向き合える、そんな気がする。
川の流れように、爽やかに、潔く。
[PR]
# by juniper_marjoram | 2007-04-04 16:25 | 絵本
火事
あっという間に時がすぎていく・・・

今朝夜明け前、家の近くで火災。
火柱があがるのを見ました。
恐ろしかった。
時折爆発しながら勢いよく上を目指す炎。
その炎に照らされた黒い煙が徐々に空を覆う。
恐ろしかった。
[PR]
# by juniper_marjoram | 2007-01-15 18:21 | おもう
忙しすぎて
幼稚園のバザーの準備、
小学校のPTA役員の仕事、
自分の学校にもっていくものの準備、
今週末までにやらなきゃいけないことだらけ。

こういうときに限って、
お味噌汁のだしは、かつおぶしからとらなくちゃなんて思いはじめる。

ふとんでも干して、はじめましょうか・・・
[PR]
# by juniper_marjoram | 2006-11-09 09:21 | おもう
がたがたと
a0047496_12494739.jpg

収納や扉の立て付けが、季節や湿気によって、悪くなります。
日によって、がたがたや、ぎーっと、すごい音をたてることがあります。
うるさいね、と嘆いたワタシに、長女は、この音がいい、と言ってくれました。
うちっぽいと。
木の音がすることや、夜、ほの暗いとこ。
それがうちっぽくてよいと。
それが、うれしかった。

娘たちの椅子を買いました。
椅子が変わっただけで、違う家にいるみたいだね、と長女は言います。
そうですね。
不思議ですね。

伸びてしまった庭のオリーブを一枝生けました。
キャンドルを灯したくなる夜が、増えてきました。
[PR]
# by juniper_marjoram | 2006-09-20 13:04 | ログハウス
なつがすぎ
a0047496_1425539.jpg長女の夏休みが終わった。
日々、外で遊び暮らした。
一緒に、季節を着替えるように駆け巡ることができる。
その、奇跡に感謝。
[PR]
# by juniper_marjoram | 2006-08-29 14:37 | おもう



笑いと涙を大切に、丁寧に暮らしていこう♪
by juniper_marjoram
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31